はじめに


指導教授は
にこやかな顔で
言いました。
自然科学のような
ふりをしてる詩を
学んでみてはどうかね?
そんなことが
できるんですか!?
指導教授は
私の手を握って
言いました。
社会人類学もしくは
文化人類学の世界に
きみを歓迎するよ。
カート・ヴォネガット

人類学者というのは、
作家、小説家、詩人に
なりそこねた人たち
なのです。
J・クリフォード
その他のジャンル
▼アクティヴィスト人類学
d0016471_2247498.jpg
▼「アクティヴィスト人類学者たち」(*画像をクリックすると拡大します)

[世界のアクティヴィスト人類学者たち]
Marcel Mauss...Anthropologist, Socialist
Franz Boas...Anthropologist. Anti-Racism Activist
Franziska Boas... Activist, Ethnographic Dance Anthropologist
Katherine Dunham...Dancer, Anthropologist, Social Worker and Activist
Maya Deren...Dancer, Anthropologist, Filmmaker
Zora Neale Hurston...Author, Anthropologist, Folklorist
David Graeber...Anarchist Anthropologist
Myrna Mack...Anthropologist and Human Rights Activist
David H.Price... Activist Anthropologist
Jean-Pierre Gorin...Film Maker, Activist, Anthropologist
Claudio Villas Boas...Activist and Anthropologist
Gina Ulysse...Feminist Anthropologist, Poet, Anti-Colonial Activist
Daniel Rothenberg...Activist and Anthropologist
Robert K. Thomas...Cherokee Nationalist, Social Scientist, Anthropologist,
Brigham Golden...Activist and Anthropologist
Alfonso Ortiz....Activist Anthropologist
Bruce Reyburn... Anthropologist and Social Activist,
Daisy Bates...Civil Rights Activist and Anthropologist
Soon-Young Yoon...Activist/Anthropologist
Robert K. Hitchcock...Activist Anthropologist
Mary Des Chene...Anthropologist and Human Rights Activist
Orin Starn...Activist Anthropologist
Lawrence Hammar...Activist-Anthropologist
Ellen Andors...Anthropologist, Teacher and Activist
John St Clair Drake...Black Social Anthropologist and Activist
Bill Day...Landrights Activist and Anthropologist
Olive Muriel Pink...Artist, Aboriginal-Rights Activist, Anthropologist
Shannon Speed...Activist Anthropologist
Victor Montejo...Human Rights Activist and Anthropologist
Johnnetta B. Cole...Activist Anthropologist
Joan Halifax...Civil Rights Activist, Anthropologist
Annemarie Anrod Shimony...Anthropologist and Social Activist
David Attyah...Artist, Activist, and Anthropologist
Krishna Bhattachan...Anthropologist and Ethnic Activist
Victor Montejo...Anthropologist and Activist
Cholthira Satyawadhna...Anthropologist and Human Rights Activist
Niara Sudarkasa...Anthropologist and Social Activist
Kevin M. Kelly...Anthropologist, Human Biologist, Internet Activist
Linda Rabben...Anthropologist and Human-Rights Activist
David Webster...Anti-Apartheid Activist and Anthropologist
Richard Nelson...Writer, Activist, and Anthropologist
Luiz Mott...Gay Activist and Anthropologist
Victoria Sanford...Anthropologist, Human Rights Activist
Verrier Elwin...Anthropologist, Poet and Activist
Zieba Shorish Shamley...Anthropologist, Human Rights Activist
Tobias Schneebaum...Anthropologist and Gay Activist
Yoshiyuki Tsurumi...Anthropologist, Activist
Masanori Oda / illcommonz... Artist, Activist, Anthropologist
Maximilian C. Forte...Anthropologist, Internet Activist
Miguel A'ngel Gutie'rrez...Activist and Anthropologist



d0016471_18552096.jpg▼「アクティヴィスト人類学者たち」

d0016471_13173710.jpg
▼「アクティヴィスト人類学者のツールキット」(人類学者が見につけている役に立つ知識やスキル)

「人類学者のなかには、アナーキズムあるいはアナーキスト的な政治に加担した者たちがいた。そして、その何人かは同時に特定の学問体系の創始者であった」(デヴィッド・グレーバー)

d0016471_2361030.jpg「いまや社会主義はかつてないほどの活気を呈し、私たちのすべての組織の活動が熱を帯びてきている。労働階級の政党、社会改革と革命の政党は、日々、新たなアクティヴストを組織し、その政治的・経済的な目標にむかって確実な歩みと前進を続けている。我々の宣伝活動は、なにより経済的、社会主義的、革命的である。階級闘争はもっぱら資本主義に対して向けられなければならないが、資本主義とはかくかくしかじかの特定のブルジョワジーの政党ではなく、すべてのブルジョワジーのことである。社会主義の組織にとってなによりもまず絶対的に優先されなければならないいくつかの条件がある。すなわち教権主義や軍国主義、そしてナショナリズムが一掃されない地盤の上では、本当の社会主義的な宣伝活動を展開することはできないということ、それを心にとめておかなければならないのだ」(マルセル・モース)

「民族誌学者が、植民地支配者の側から、今まさに自分たちの民族解放のために闘っている人たちの力になろうとして、ときに素朴すぎるほどの態度で語り、また事態の収拾を急がせるために積極的に活動したとしても、おそらく、被植民地の側からすれば、余計な世話だ、ということになるだろうということは、ぜひ付け加えておかねばならない。なぜなら、実際の解放とは、学者たちが学者として自由に行使できる手段よりもはるかに暴力的で、より直接的な手段によってしか獲得できないものだからだ。それゆえ、彼自身の国のなかで行われている闘争に参加することによって、彼自身の解放のための働くという決断をしない限り、いま述べたような危惧をもっている民族誌学者は、たえず自分の矛盾の中でもがき続けることになるだろうということはほぼ確実である」(ミシェル・レリス)

................................................................................
[参考] 
▼「ミルナ・マック事件」
 「一九九〇年年九月十一日夜、文化人類学者ミルナマックは、大統領参謀本部に属する特殊部隊の一員、ノエル・デ・ヘスス・ペテタ軍曹率いる工作隊に襲われた。マックは二週間前から尾行されており、その日、勤務先の民間研究機関を出たところ、待ち伏せに遭ったのである。彼女は二十七ケ所を刺されて死亡した。一九九〇年代当時、ミルナマックは武力紛争が生み出した「国内避難民」を研究する専門家として唯一の独立した存在だった。国内避難民の問題は、軍事作戦上重要視されており、この問題を扱うことは軍部にのみ許されていた。(軍の作戦の目的は、和平交渉を目前にひかえ、ゲリラの社会的基盤をなしくずしにし、叛乱勢力を交戦団体として認めることによる政治的失点を極小化するために、国内避難民を軍の側に捕獲することだった。だが、九〇年九月七日と八日の両日、これら非難民のうち、八七年以降「抵抗の共同体」を名乗るグループが、新聞に意見広告を掲載するかたちでグアテマラにおける彼らの存在を公表し、非武装の市民として認めるよう要求した。この声明は軍に作戦の大幅な変更を強い、国家安全保障戦略にも大きな影響を与えた。軍情報部は、ミルナ・マックがこの声明文を起草したものとみなし、報復として、また「抵抗の共同体」住民の帰還を支援するカトリック教会やNGOなどへの警告として、彼女の殺害を決定した。ミルナの妹であるヘレン・マックは、犯人をつきとめ、裁判にかけるために立ち上がった。ペテタは米国で逮捕され、グアテマラへ送還され裁判を受けた。脅迫や妨害工作のため、十一人もの判事が入れ替わったが、結局、九三年二月十一日、懲役二五年、執行猶予なしの判決が下った。」
[PR]
by MAL2000 | 2005-03-08 21:54
<< ▼文化相対主義の発見 ▼オルタナティヴ人類学 >>