人気ブログランキング | 話題のタグを見る
はじめに


指導教授は
にこやかな顔で
言いました。
自然科学のような
ふりをしてる詩を
学んでみてはどうかね?
そんなことが
できるんですか!?
指導教授は
私の手を握って
言いました。
社会人類学もしくは
文化人類学の世界に
きみを歓迎するよ。
カート・ヴォネガット

人類学者というのは、
作家、小説家、詩人に
なりそこねた人たち
なのです。
J・クリフォード
その他のジャンル
▼世界の周辺で起きている変化を想像する

▼世界の周辺で起きている変化を想像する_d0017381_803714.jpg"新世界にて"
「おーい、みんな、おれたち、
発見されちまったようだぞ!」
(クリストファー・コロンブスに
気づいたインディアン曰く)

ジョルジュ・ペレック
『さまざまな空間』(1974年)より


今回の講義では、まず、前期の講義で見たトロブリアンド諸島のクラの
その後を取材したドキュメントフィルムを見ます。前期の講義で見たのは、
マリノウスキーのフィールドワークから約半世紀を経た、1970年代初頭の
クラでしたが、今回はそれから20年後の1990年代初頭のクラを見て、
そこに現われている変化を見ます。なおクラは、グローバリズムの市場経済
や貨幣経済との対比で、最近、よく耳にするようになった「ギフト・エコノミー」
(贈与経済)の有名な実例ですので、そうした観点からも見てみましょう。

▼世界の周辺で起きている変化を想像する_d0016471_139440.jpg
「クラ・島々をめぐる神秘の輪」(1991年)
Kula: Ring of Power
監督:マイケル・ベルソン
カラー 51分
..............................................................................

次に、先日の講義で見た映画「緑のアリが夢見るところ」の監督ヴェルナー・
ヘルツオークがブラジルで制作したドキュメント映画「失われた一万年」を見ます。
これは「10ミニッツ・オールダー」というオムニバス映画のなかの一本で、
ほんの数分間の出会いが1万年の時をとび越えるという話です。そして、
そのことが何をもたらすかを描いた作品です。

▼世界の周辺で起きている変化を想像する_d0017381_7375471.jpg

「失われた一万年」(2002年)
Ten Thousand Years Older
監督・脚本:ヴェルナー・ヘルツォーク
カラー 10分
...................................................................................

▼世界の周辺で起きている変化を想像する_d0016471_4303557.jpg
「死のまつり」(2002年)
The Festival of Death
制作・編集:ザ・レジデンツ
カラー 10分26秒

最後に、アメリカのマルチメディア・アート・ユニット、ザ・レジデンツが制作した
「エスキモー」という作品を見ます。この作品は1970年代後半に、メンバーの
知人であった(とされる)N・セナダなる人物が現地で録音した(とされる)音源と
写真をもとに「エスキモーの生活のロマンチックな再創造(re-creation)」として、
3年がかりで制作されたもので、はじめは1979年にLPレコードとして発表され
ました。エスキモーの儀式の音楽を模倣したこのアルバムの解説の最後には、
エピローグとして、こんな断り書きが記されていました。

                [おことわり]
  この作品で語られる話はすべて過去形で表現されています。
  なぜならこの作品のベースになっているエスキモー、とりわけ、
  北極エスキモー(イヌイット)の人びとは、政府の福祉政策に
  よって、一九六〇年代の後半に、その「悲惨な」生活環境から
  「救出」されてしまったからです。いまでは、北極エスキモーの
  人びとは、政府が支給したプレハブ住宅に一人残らず完全に
  移住させられ、一日中、再放送のテレビを見て過ごしています。


この作品は全くの想像の産物ですが、その裏にはこのエピローグに読まれる
ような批評がこめられていて、たとえば、それはこんな風に評価されています。

▼世界の周辺で起きている変化を想像する_d0017381_854570.jpgザ・レジデンツ
「エスキモー」(1979年)

「イヌイットから伝統的遊牧生活を
取り上げた、福祉政策という名の
善意を「エスキモー」は撃つ。この
アルバムにある人間性は徹底的に
冷徹だ」(湯浅学)

「レジデンツは極北に住むエスキモーたちの生活を独自のフレームで切り
取り、壮大なドラマを作り上げてゆく。異文化の学習を通じてレジデンツが
獲得したのは、再現/模倣の技術ではなく、想像力なのである」(小山哲人)

そして、その後もこの作品は、1980年、1992年、2000年と3度にわたって
再アレンジされ、そして2002年に、その決定版ともいえる映像つきのDVD版
がリリースされました。この2002年版の「エスキモー」では、インターネットを
通じて見つけたという国立機関(例:NOAAなど)の収蔵写真をもとに、異文化に
対するアーティスト的な想像力が遺憾なく発揮され、エキスモーの伝統的な
儀式と伝承の物語を、ロマンチック、というよりも、むしろロマンチック・アイロニー
(*失われた対象を回復し、もう一度それと同一化しすることを欲しながら、
決してそれはできないという矛盾した意識を持った精神的態度)的に「再創造」
して見せているだけでなく、いま、世界で起きているグローバリゼーションに
対する冷徹な視線と批評的なコメンタリーが、そこに書き加えられています。

▼世界の周辺で起きている変化を想像する_d0017381_2014252.jpg
また、2002年版の「エスキモー」には、ロバート・フラハティが1921年に
撮影した民族誌ドキュメント映画の古典「極北のナヌーク」に、レジデンツが
サウンドトラックをつけた作品が収録されています。このように過去の記録作品に
新しいサウンド・トラックをつけて批評的にリプロダクトするという試みは、
ほかにもポール・D・ミラー(aka DJスプーキー)による「国民の再創生」
「ウィークエンド」(1931年 ウォルター・ルットマン制作のラジオドキュメンタリー)等
でも見ることができますが、こうした実験についてはいずれ紹介することにして*、
「エスキモー」を見る際には、ヘルツオークが「緑のアリが夢見るところ」に寄せて
語ったようなペシミスティックな暗い予言を文字通り視覚化したような
驚愕のラストシーンをくれぐれも見逃さないようにしてください。
...................................................................................

▼世界の周辺で起きている変化を想像する_d0016471_12265768.jpg
[左] 「国民の創生 Birth of a Nation 」(1915年) 監督:D・W・グリフィス
[右] 「国民の再創生 Rebirth of a Nation」(2002年) 編集:P・D・ミラー
...................................................................................
▼世界の周辺で起きている変化を想像する_d0017381_19464918.jpg
「極北のナヌーク」(1922年)
原題:Nanook 邦題:極北の怪異
監督:ロバート・フラハティ

「ナヌーク」(2002年)
音楽:ザ・レジデンツ

...................................................................................
▼世界の周辺で起きている変化を想像する_d0016471_3243821.jpg1940年代に、パリ大学ソルボンヌ校の人類学部に所属し、
当時シャイヨ宮殿にあったアンリ・ラングロワのシネマテーク
に通いつめて、大量の民族誌映画を見たという、映画作家の
ジャン-リュック・ゴダールは、フラハティのこの作品について、
こうコメントしています。

「彼(フラハティ)は万事を演出するドキュメンタリストであって、
「極北のナヌーク」のどのショットも完全に演出されています」
...................................................................................

▼世界の周辺で起きている変化を想像する_d0017381_4521535.jpg
こうした想像にもとづく異文化の
「再創造」やドキュメント映画の
なかの演出の問題などについては
異文化表象の問題として、また、
想像ではない現実のイヌイットの
現在の暮しと、その同時代文化に
ついては、講義の中でお話しします。


[参考] 岸上伸啓「イヌイットとブリジッド・バルドーの関係」「民族学者の仕事場」より

岸上:食べ物がないんで生肉は食べますけど、とったばかりの血のしたたる生肉、
    とくにアザラシのは、よほど腹が減ってない限り、なかなか食べられなかった
    ですね。冷凍すれば、匂いはなんとか消えるので、ある程度平気なんです。
    だけど、生っていうのはやっぱりきついですね。カリブーはうまいですけどね。
  ─:とったばかりは、まだ温かい………
岸上:まだ温かいですよ。食べてたら口や手はみんな血だらけですよ。すごみが
    あります。
  ─:もしかして今はハンバーガーのほうがいいんですか。
岸上:子供たちはハンバーガーですね。おじいちゃんおばあちゃんは今でも肉類
    中心ですし、中年の人でもやっぱり、みんな子供のときに食べてますんで、
    生肉を食べます。だけどどっちが好きかとなると、ハンバーガー食べたり
    ピザ食べたりする人が多くなりました。だけど86年当時はまだ肉のほうが
    主流でした。
  ─:向こうの狩猟というと、イヌぞりなんかを想像するんだけど、そのころはなかった
    わけですか?
岸上:ええ、70年代を境にもうないですね。今は観光用とか、もしくは自分の楽しみ
    のために使うということで復活してますけどね。
by mal2000 | 2003-10-20 01:31
<< ▼地球人類学 ▼文化人類学解放講座・後期・第二部 >>